学校法人 幼保連携型認定こども園 石田学園 湊はなぞの幼稚園【大阪府堺市】

  • HOME
  • 教育理念
  • 保育内容
  • 入園案内
  • 施設紹介
  • 年間行事
  • 子育て支援
  • Q&A
  • 写真の購入

教育理念

湊はなぞの幼稚園は、その名の示すとおり
 堺市の中心街から近くにある湊地区の閑静
 な住宅地に、子どもたちの集う
 “花園”を創りたいと願い設立されました。

花と緑豊かな環境の中、一人ひとりの小さな人たちが様々な色あい、姿、かたちの花々として
元気いっぱい咲いています。

 “はなぞの”では幼児期にしか出来ないこと、
しておかなければならないことを
何よりも最優先で考えます。

表面的な知識や技能もさることながら、より重要なのは
家庭との連携により「人間性の基礎」をしっかり時間を
かけ、丁寧に培ってゆくことだと信じます。

そのために「子ども主体の保育」と「少人数学級編制」は不可欠であり、学級担任のみならず園全体の教職員が一丸となって、その子なりの持ち味をのばす保育をしています。

教育理念の詳しい解説

湊はなぞの幼稚園では、たくさんの花や緑に囲まれた園庭環境と少人数学級編制の、のびのびした保育環境により、よき社会人となるための人間性の基礎=豊かな感性+社会性+自ら考え判断する力 を育てる事を『教育目標』(3―5歳)にしています。
 また、その根幹をなすものとして人間性の基礎の根幹=基本となる生活を創る+人との信頼感・安心感+興味を持って行動できること を『保育目標』(0―2歳)にしています。
 さらに、幼稚園全体の総合目標として『教育・保育を連続的・総合的に考え、人格の基礎を育てることを目指す』と定めています。

人間性の基礎を作る6つの要素の説明

上記6つの要素のうち特に教育目標で掲げる3つの要素は、社会(企業)で求められる力を示した社会人基礎力の3つの能力と対応します。
※参考⇒社会人基礎力の普及・促進PDF

実社会においても知識・技能よりもまず、それらを支える為の基礎的な能力が求められていることがわかります。

人間性の基礎がしっかりしていれば知識や技能をその上に積み重ねることができ、それらを使いこなすことができます。勉強でもスポーツでも基礎が身についているから応用技術が身につくのです。基礎のない応用などあり得ないのです。

幼児期に基礎の教育をしっかりすることで将来必ず大きく伸びる元となります。基礎をしっかり育てることこそが教育の王道であると当園では考えています。

湊はなぞの幼稚園では一般に思われがちな、のびのび=放任 という意味ではなく、自由な雰囲気を大切にしながらも子ども一人一人にしっかり向き合って育てる保育を実践しています。